Bandicam(バンディカム)の使い方.com

Bandicamの使い方と設定とインストールのやり方。ソフトの解説動画をYou Tubeにアップロードまでの教科書(ロゴマーク・一時停止・アフィリエイト・インストール・ウォーターマーク)

【Bandicamの使い方】録画前の注意点(きちんとマイク音や録画できているか)

Bandicam(バンディカム)の使い方.comです。

【Bandicamの使い方】録画前の注意点(きちんと音や録画できているか)をご説明します。

 

【Bandicamの使い方】録画前の注意点(きちんと音や録画できているか)

 

You TubeでBandicam(バンディカム)録画を、300本以上あげている経験から録画前の注意点を語ります。

 

【Bandicam(バンディカム)注意点1】マイク音が出ているか確認する

Bandicam(バンディカム)で録画されていると思って、動画を撮っていたけど、音が撮れていないということが発生します。

なので、マイクが反応しているかを確認してください。

マイクが反応していると、青い音量ボリュームが反応します。↓↓

Bandicam(バンディカム)ソフト音量マイク

マイクに話すと、青い音量が反応します。

 

マイクボリュームが反応しているかは、必ず確認をしましょう。

マイクが撮れていないと、また取り直しになってしまいます。

マイクの設定を変更したりしたときは要注意です。

マイクではなく、スピーカーの設定になっていたりします。

そうすると、マイクの音は録音されません。

 

【Bandicam(バンディカム)注意点2】録画できているか確認する

一回テストで録画されているか、動画を再生して確認しましょう。

めんどくさくてもやりましょう。

1時間録画キャプチャしても、撮れていないということがあると、モチベーションが下がってしまいます。

マイクが反応していても、 変な位置に、オリジナルロゴマーク(ウォータマーク)が表示されていたりするのを回避できます。

録画前には、テスト録画をしましょう。