BandicamとオートビズとEdrawMindの使い方.com

BandicamとオートビズとEdrawMind(エドラマインド)の使い方と設定とインストールのやり方。ソフトの解説動画をYou Tubeにアップロードまでの教科書(ロゴマーク・一時停止・アフィリエイト・インストール・ウォーターマーク)

【マインドップ】Edrawmind・Xmind・Mindmeisterの機能と料金を比較

「使いやすいマインドップツールをさがしている。でも、どれにすればいいか分からない」こんなふうに感じている人のための記事です。

約3年間マインドマップツールEdrawmind・Xmind・Mindmeisterを使ってきた経験から比較します。

この記事では、Edrawmind・Xmind・Mindmeisterの以下の項目を比較表にしました。

  • 料金
  • 機能
  • デスクトップ版・WEB版で使えるか

結論、最終的にはEdrawmindに落ち着きました。

一番オススメです。

Xmindなどのマインドップは、動作がめちゃくちゃ軽いからです。

動作の軽さが、Edrawmindを選ぶ決定打になりました。

どのマインドップツールがあなたに最適なのかがわかるようになります。

EdrawMindの使い方の記事はこちらです。

関連記事

>>>初心者向けEdrawmindの使い方を動画と画像で解説(PC版とスマホ)

人気のマインドマップツールEdrawmind・Xmind・Mindmeisterの料金と機能を比較

  EdrawMind Xmind Mindmaister
動作の軽さ とても軽い とても重い 重い
無料お試し
買い切り料金 12,900円 13,036円 サブスクのみ
6ヶ月料金
なし なし 4,290円
年額サブスク 5,200円 6,800円 7,128円
3年の総額 12,900円 13,036円 19,400円
5年の総額 12,900円 13,036円 32,400円
10年の総額 12,900円 13,036円 64,800円
デスクトップ版
クラウド版
無料版
作成マップ
可能数
無制限 無制限 3つまで

 

Edrawmindの特徴

動作が圧倒的に軽いのが特徴です。

デスクトップ版とWEB版があるのが特徴です。

料金も買い切りがあり、ほかと比較すると安いです。

万能といっていいマインドマップツールです。

無料版は、トピックが100までしか作れないのが難点ですが、有料版にしてでも使うべきツールです。

無料版でも、トピック100までのマインドマップを無制限でつくることができます。

わたしが使って感じたEdrawmindの評判レビュー詳しくはこちら

関連記事

 

Xmindの特徴

無料でマインドマップを無制限に作れるのがメリットですが、動作が重いのが難点です。

トピック数が増えるとめちゃくちゃ動作が重くなります。

5倍~10倍の時間がかかると言っても過言でありません。

生産時間にも影響してきます。

だからこそ、Edrawmindの動作の軽さに感動しました。

Xmindは、デスクトップ版しかありません。

デスクトップ版で作ったマインドマップを、ブラウザで共有して編集することができません。

無料版でもトピック数が無制限で、マインドマップ数も無制限に使えるのが特徴です。

 

Mindmaisterの特徴

クラウド版でしか使えないのが特徴です。

インターネットがない環境では使えません。

買い切りは存在せずにサブスクのため、支払いが一生続きます

Xmindほど動作が重くはありませんが、重くなりイライラすることが多かったです。

無料版で作れるマインドマップの数は3つまでです。

そのため、ずっと無料版で使うということは現実的には厳しいです。

無料版でつかいにも、いずかは有料版への移行を考えなければいけないことを覚えておきましょう。

XmindとEdrawmindとは、若干使い勝手が異なります。

 

【結論】Edrawmind・Xmind・Mindmeisterどれがオススメ

まず動作が軽いことが最優先です。

なぜなら、重いと時間がそれだけ無駄になるからです。

イライラするコストも考えてください。

マインドマップツールは最初にしっかり選ぶことが大事

あとから、マインドマップツールを変更する手間はとても大変です。

いままでのマインドマップの再利用するときも手間になってしまいます。

mindmeisterのようなサブスクのプランだと、解約したときにいままで苦労して作ったマインドマップが使えなくなってしまいます。

長期的な目線で見ると、最初につかうツールをしっかりと選ぶことはとても大事なのです。

安易に選ぶのではなく、一生使うつもりで選ばないといけないんです。

 

まとめ

わたしは、動作が軽いという1点でEdrawmindのマインドマップツールを選ぶことをオススメします。

動作が重いイライラを毎日することになれば、結局はマインドマップツールを使わなくなってしまいます。

その他の料金などの部分でもEdrawMindがお得です。

まずは、無料版でも試すことができますので、使ってみてください。

EdrawMindの有料版の契約を考えている人は、クーポンやキャンペーンが開催されている可能性があるので、こちらをご覧ください。

関連記事

>>>EdrawmindやEdrawMAXクーポンコードキャンペーンは?